髪の乾かし方

短い人は自然乾燥させたり、長い人は念入りにドライヤーをかけたり…。髪の長さによっても乾かし方は違ってくると思います。夜遅くにシャンプーをして、乾かさずに寝てしまう!なんていう人はいませんか?いくら面倒でもシャンプー後は必ず乾かしましょう。それが美しい髪作りの秘訣ですよ♪ここでは、上手な髪の乾かし方を紹介します。

髪を傷めない拭き方

髪が傷んでいるシャンプー後、濡れてびしょびしょの髪にすぐドライヤーを当てても乾くのに時間がかかって、かえって髪を傷めてしまうことがあります。髪の乾かし方次第でスタイリングが決まるかどうかも左右されるので、乾かすときの第一段階となる拭き方はとても重要なポイントです。

まずは手でしっかり髪の水気を切りましょう。乾いたタオルを頭にかぶせ、タオルの上から両手で頭をやさしくつかんで、円を描きながらマッサージするように拭きます。長い髪の場合、髪をタオルで両側からはさむような形で拭きましょう。ここで、できればほんの少し洗い流さないトリートメントをつけるといいですよ。

シャンプー後につけるもの】のページでも触れているように、洗い流さないトリートメントをつけるときは量に注意しましょう。わずかな量できちんと効果があるので安心してくださいね。トリートメントをつけることでドライヤーの熱から髪を守ることができますし、ピョンピョンはねる毛をおさえることもできます。

ページの先頭へ戻る

髪を傷めないとかし方

シャンプーやスタイリングをすると、どうしても髪が擦れ合います。それによってキューティクルははがれてしまいます。これはブラッシングにも言えることですね。特に髪の長い人は髪が絡まりやすいため、無理やりとかそうとすることがあります。そうすると髪に大きなダメージとなります。キューティクルがはがれてしまえば、枝毛や切れ毛にもつながるので髪の正しいとかし方を覚えておきましょう。

髪が濡れているときは細心の注意が必要です。目の粗いクシやブラシで、軽く流れを整えるくらいにしておきましょうね。髪が乾いている場合は、はじめに毛先の絡まっている部分をきれいにといていきます。そして、髪の中間から毛先に向かってとかしたあと、根元からとかすようにしてください。髪を傷めないためのとかし方のポイントとしては、乾いているときでも少し霧吹きなどで髪を湿らせると、絡まった毛先もとかしやすくなりますよ。

ページの先頭へ戻る

髪にツヤを出す乾かし方

髪にツヤの出すさて次はドライヤーを使った乾かし方を見ていきましょう。風量の多いドライヤーを使うと、上手に乾かすことができますよ。うしろから前へ髪を流したい方向にドライヤーを当てましょう。

最初に髪の根元を乾かします。毛先から乾かす人もいますが、良くないのでやめましょう。髪の根元に指を入れて、小刻みに動かしながら乾かします。このとき、ドライヤーと髪との距離は10cm以上あけましょう。これで髪の潤いが守られます!髪にツヤを出すためには髪が乾ききるまで、ずっと熱風を当てないことが鉄則です!ドライヤーの熱風(温風)と冷風を交互に使い分けるのが、ツヤのある髪を生み出すポイントと言えます♪

頭のてっぺんと前髪の根元に熱風(温風)を当てます。根元が乾いたら、中間に手グシを入れます。今度は冷風をさっき乾かした部分に当てていき、キューティクルを閉じます。再度ドライヤーを熱風(温風)に切り替えて、毛先を軽く乾かしてください。最後に冷風で毛先の形を整えたら、ツヤ髪のできあがりです!

ページの先頭へ戻る

パーマをかけている髪の乾かし方

パーマをかけている髪を乾かすときは、髪をパーマの流れに沿って、らせん状に持ち上げましょう。カールを壊さないようにやさしく持って、ドライヤーを上からあてます。しっかりカールを出そうと思ったら少し時間がかかります。さらに今はデジタルパーマをかけている人も多いですね。

デジタルパーマも基本的には同じ乾かし方です。ただ、「形状記憶パーマ」というだけあって、そんなに恐る恐る乾かさなくてもドライヤーで散った髪は毛束を指に巻きつけるだけで簡単に元に戻りますよ。ちなみにシャンプー後、タオルで拭いてから洗い流さないトリートメントをつけるとカールをつくりやすいです。

ページの先頭へ戻る
シャンプー
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us