シャンプーが抜け毛の原因?!

抜け毛でお困りのみなさん!その原因は意外とシャンプーにあるかもしれませんよ。強いシャンプーを使っている、シャンプーの回数が多い…など、心当たりのある人は髪の洗い方を見直してみましょう。シャンプーが頭皮にどんな影響を与えるのかを説明したいと思います。

[スポンサードリンク]

シャンプーによる抜け毛の原因

まずは抜け毛がシャンプーによるものということを前提に、その原因を探ってみましょう。いくつか考えられる原因を挙げてみますね。

シャンプーに含まれている成分

今、市販されているシャンプーのほとんどは、すべての成分が表示されています。アミノ酸系や植物由来の成分などが含まれています。全部を紹介することはできませんが、ここでは、どんなシャンプーにも必ずと言っていいほど入っている合成界面活性剤を取り上げてみましょう。

数多く配合されている成分の中でも合成界面活性剤が一番頭皮や毛根にダメージを与えているのではないかと言われています。合成界面活性剤というのは洗浄成分の一つで、とても強力なパワーを持っています。

汚れがキレイに落ちて、すっきりと洗いあがるのは、この成分のおかげなのです。さっぱりしたと感じる一方で、頭皮・毛根に与えるダメージは大きいと言えるでしょう。この洗浄力は肌を刺激し、抜け毛の原因になるとされています。

シャンプーの洗い残し(すすぎ残し)

浴室シャンプーの洗い残しがないように念入りに洗っていますか?洗い残し・すすぎ残しが毛穴に詰まって、炎症などを起こす原因になることがあります。こうした皮膚トラブルで健康な髪が育たなくなってしまいます。

髪の長い人は洗い残し・すすぎ残しに気をつけましょう。特に上記の洗浄力の強いシャンプーを使っている場合、丁寧に時間をかけて洗い流すようにしましょう。抜け毛に効果的な育毛シャンプーを使っている人は、すっかり流してしまったら、有効成分まで流れてしまうのでは…?と思う人もいるでしょう。けれど、それは間違いです。髪や頭皮に残ったシャンプーは、抜け毛の原因になり得るんですよ。

シャンプーの使いすぎ

洗浄力の強いシャンプーは抜け毛の原因になると説明しましたが、そのシャンプーで何度も髪を洗うこともよくありません。何度も洗うときれいにはなりますが、頭皮が必要としている皮脂まで取り除かれてしまいます。

そうすると生体の抗体作用が働いて、反対に頭皮の皮脂分泌量が増えることになります。その結果、抜け毛につながります。要するに、シャンプーの使いすぎは、髪・頭皮に逆効果というわけです。適切な量で一回のシャンプーをしっかり、さらに適切な回数行いましょう。

育毛シャンプーについて

育毛シャンプー「シャンプーによる抜け毛の原因」の項目で、合成界面活性剤が抜け毛の原因になると説明しました。市販されている多くのシャンプーにその成分が入っていると言われても、シャンプーを使わないわけにはいきません。それに、使わなければ抜け毛がおさまるというわけでもないのです。

抜け毛に効果的なシャンプーとしては育毛シャンプーが知られていますね。使い続けることで少しずつ効果が発揮されます!育毛シャンプーにも様々な種類がありますが、合成界面活性剤を使っていない天然素材配合のものを選びましょう。頭皮に負担をかけないものがいいですね。

これで抜け毛を防ぐ!シャンプーの選び方

高価な育毛シャンプーでなくても、正しいシャンプーの選び方と使い方で抜け毛を防ぐことはできるんですよ。


[スポンサードリンク]