シャンプーの種類

今はさまざまな種類のシャンプーが市販されています。洗い上がりの手触りの良さ・香り・値段など、どんなシャンプーを使うのか…選ぶ基準は人それぞれだと思います。ここでは、シャンプーに含まれている成分別にいくつかの種類を紹介していきましょう。どれを買うのか、いつも迷っちゃう~という人はぜひ参考にしてくださいね!

[スポンサードリンク]

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系 シャンプーアミノ酸系シャンプーは合成のものと天然のものに分けられます。共通点は弱酸性でお肌にやさしいということです。

合成アミノ酸系シャンプーは普通の頭皮状態の人向きのシャンプーですね。しかも、これは毎日シャンプーを欠かさないなど、髪を洗う頻度が多い人には特に適しています。毎日洗っても低刺激なので、髪や頭皮を傷めることなく、さっぱりと洗えますよ。

一方、天然アミノ酸系シャンプーのほうは、すべてのシャンプーの中で一番低刺激とされています。合成アミノ酸系シャンプーが普通肌用なのに対して、これはアレルギーを持っている人やトラブル肌の人に向いています。天然資源で作られているため、大事な皮脂も取りすぎない高い安全性が特徴と言われています。

石鹸シャンプー

石鹸シャンプー石鹸シャンプーはアルカリ性で高い洗浄力があり、オイリーな髪質の人向きのシャンプーといえます。けれど刺激が強いため、無添加の物以外は肌の弱い人にはおすすめできません。この石鹸シャンプーは人体に悪い影響を及ぼす成分が含まれていないので、安心して使うことができます。

ただ、ちょっとした難点が…。洗い上がりがゴワついた感触になることがあります。なので、すすぎ残しのないように、十分すぎるくらいしっかり洗い流すようにしてください。さらに、毎日髪を洗いたい人は石鹸シャンプーをさけたほうがいいでしょう。かえって髪を傷める原因になります。

一般的なシャンプー

シャンプーこの一般的なシャンプーにも合成と天然があって、普通市販されているもののことを言います。次の項目で紹介する石油シャンプーの代わりに作られたものなんですよ。特徴として炭素数の多さが挙げられます。

みなさんも学生時代に化学の授業などで習ったと思いますが、炭素というのは自然界にある元素の一つです。その炭素がたくさん含まれているシャンプーになります。炭素数が多いシャンプーは泡立ちもよく、洗浄力にも優れています。

合成タイプは洗浄力、刺激性ともに強くもなく弱くもなくという感じで、普通肌またはオイリー肌の人に適しています。もう一方の天然タイプは天然のオイルをベースにして作られています。合成タイプと同じように普通肌またはオイリー肌の人向きです。

その他のシャンプー

上記以外のシャンプーの種類を紹介します。ほかにも石油系シャンプー、エッグシャンプー、ドライシャンプーなどがあるんですよ!

石油系シャンプー

以前は石油系シャンプーもあったのですが、環境問題などのために最近ではほとんど見かけなくなってしまいました…。石油だけではなく、ほかの成分と混合したシャンプーであればまだ存在します。

エッグシャンプー

エッグシャンプーは文字通り、卵を使ったシャンプーです。これもドライシャンプーの一種で、栄養シャンプーとも言われています。たんぱく質や脂肪、ビタミンが含まれているので、髪の毛がやせ細り、コシ・ツヤのない人におすすめです。ほかに、フケの多い人や脱色、カラーリングで傷んだ髪にもいいですよ。

ドライシャンプー

ドライシャンプーとは水分を使わないシャンプーのことです。粉末ドライシャンプー、液体ドライシャンプー、トニックシャンプーなどの種類があります。入院など何らかの理由で髪を洗えない状態のときに使います。フケやかゆみ、ニオイを取り除いてくれますが、シャンプーとしての本来の効果が十分に得られないという難点もあります。

[スポンサードリンク]